FC2ブログ

Entries

[洋画]スペシャリスト ~自覚なき殺戮者~

[洋画]アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

[人物]アドルフ・アイヒマン【第5回目】

[人物]アドルフ・アイヒマン【第4回目】

「百人の死は天災だが、一万人の死は統計にすぎない」哲学者ハンナ・アーレント「アイヒマンという人物の厄介なところはまさに、実に多くの人が彼に似ていたし、しかもその多くの者が倒錯してもいずサディストでもなく、恐ろしいほどノーマルだったし、今でもノーマルであるということなのだ」「われわれの法律制度とわれわれの道徳的判断基準から見れば、この正常性はすべての残虐行為を一緒にしたよりもわれわれをはるかに慄然と...

[人物]アドルフ・アイヒマン【第3回目】

「戦争中には、たった一つしか責任は問われません。命令に従う責任ということです。もし命令に背けば軍法会議にかけられます。そういう中で命令に従う以外には何もできなかったし、自らの誓いによっても縛られていたのです。」アイヒマンの副官だったアロイス・ブルンナー(画像はウィキペディアより)◎ ウィキペディアより抜粋1939年3月、チェコスロバキア併合によりベーメン・メーレン保護領が誕生し、4月に旧チェコスロバキア...

[人物]アドルフ・アイヒマン【第2回目】

「決定的だったのは彼のコンプレックスだった。SDでは責任あるポストは大学卒業者で占められていたが、彼にはどの学校の卒業資格もなかったので、そのことが大変なショックだった。それに追い打ちをかけたのが、彼が『ユダヤ人風の容貌』をしているという同志たちの意地の悪い言葉だった。同志からジギ・アイヒマンと呼ばれ、そのことでもひどく傷ついていた。」(親衛隊中佐ヴィルヘルム・ヘットルの発言)アイヒマンをSD(親衛隊...

[人物]アドルフ・アイヒマン【第1回目】

「私の罪は従順だったことだ」アドルフ・アイヒマン(画像はウィキペディアより)◎ ウィキペディアより抜粋アドルフ・オットー・アイヒマンは、ナチス政権下のドイツの将校。アウシュヴィッツ強制収容所の元所長。最終階級は親衛隊中佐。「ユダヤ人問題の最終的解決」(ホロコースト)に関与し、数百万の人々を強制収容所へ移送するにあたって指揮的役割を担った。第2次世界大戦後はアルゼンチンで逃亡生活を送ったが、1960年にイ...

[洋画]敵こそ、我が友 ~戦犯クラウス・バルビーの3つの人生~

[人物]クラウス・バルビー【第2回目】

[人物]クラウス・バルビー【第1回目】

[人物]パウル・シェーファー

[歴史]ビジャ・バビエラ

[洋画]コロニア

[書籍]20世紀最後の真実 いまも戦い続けるナチスの残党

[人物]エドゥアルト・ロシュマン

[組織]オデッサ

[人物]ヨーゼフ・メンゲレ【第3回目】

[人物]ヨーゼフ・メンゲレ【第2回目】

[人物]ヨーゼフ・メンゲレ【第1回目】

[洋画]MY FATHER 死の天使

Appendix

プロフィール

空軍少尉エルザ

Author:空軍少尉エルザ
重度のヲタです。

「​やおい」が微妙にブレンドされています。

キャラとしては空軍少尉。
戦闘美少女。
教官クラスのエース級。
そして未亡人。

Twitter→
Reiki@reiki1003

訪問者集計カウンター

最新記事

[帰路]1月1日フライト 2020/06/01
[帰路]年越し 2020/05/30
[帰路]時間がない… 2020/05/28

寄り道

分 類

最新コメント

FC2ブログへの新規登録

ライブ視聴